りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

ニュースリリース

  • HOME
  • ニュースリリース
  • ビジネスプラス従業員、「スペシャルオリンピックス 2022 広島」ボウリング競技で5位に入賞

PRINT

2022年12月16日

ビジネスプラス従業員、「スペシャルオリンピックス 2022 広島」ボウリング競技で5位に入賞

りらいあコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 網野孝、以下、当社)の特例子会社である株式会社ビジネスプラスで働く仲本千沙登さんが「2022年 第8回 スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・広島」のボウリング競技に出場し、5位に入賞しました。

「スペシャルオリンピックス」とは、知的障がいのある方々に年間を通じて日常的なスポーツトレーニングと、その成果の発表の場である競技会を提供し、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織で、4年に1度、夏季・冬季のナショナルゲーム(全国大会)を開催しています。

広島で行われた今大会では、全国から集まった約900人の選手が、競泳やサッカー、陸上競技など、12の競技に挑みました。ボウリング競技歴10年を超える仲本さんは、沖縄県代表として出場し、見事5位入賞となりました。

■仲本千沙登さん コメント

「すごく上手な人がたくさんいて緊張したけど、楽しくプレーできました。優勝できなかったのは悔しいけど、また来年も頑張りたいです」

special_olympics__img_20221216.jpg

りらいあグループは、今後も障がい者雇用の促進と安定した職場の提供とともに、一人ひとりが能力を存分に発揮できる環境づくりを推進します。

以上

【株式会社ビジネスプラスについて】

ビジネスプラスは、ノーマライゼーション(障がい者と健常者が互いに区別されることなく、社会生活を共にすること)と自立支援を推進するために、2002年に設立した特例子会社です。りらいあグループでは、202261日現在で286名の障がい者が働いており、実雇用率は10年以上にわたり法定雇用率を上回る高い水準を維持しています。
https://www.biz-plus.jp/

【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】

りらいあコミュニケーションズは1987年の創業以来、時代とともに変化する社会環境や高度化する消費者のニーズに合わせたサービスを通じて、お客様企業の事業成長に貢献してきました。国内外60以上の拠点で約36,000人のスタッフが、コンタクトセンター事業、バックオフィス事業において、長年培ってきたヒトによるオペレーション力と最新のテクノロジーを組み合わせた付加価値の高いサービスを提供しています。これまでの運用知見をもとに、お客様企業と消費者を「つなげる力」で新たな価値を創造し、より良い社会の実現を目指します。

 設立:19876
本社:〒151-8583 東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー16F
資本金:998百万円(20223月末現在)
上場市場:東京証券取引所 プライム市場(証券コード4708
事業内容:コンタクトセンター事業、バックオフィス事業
企業URLhttps://www.relia-group.com/
サービスサイト『Relia Success』:https://www.success.relia-group.com/

 【問い合わせ先】
コーポレート・コミュニケーション部
岩本、坂井
03-5351-7200(代表)

詳細版PDFファイルはこちら (474.3 KB)