りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

ニュースリリース

  • HOME
  • ニュースリリース
  • りらいあコミュニケーションズ、多様な人財がより活躍できる新人事制度を導入

PRINT

2022年04月06日

りらいあコミュニケーションズ、多様な人財がより活躍できる新人事制度を導入

りらいあコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 網野孝、以下、当社)は、多様な人財が能力を存分に発揮できる環境づくりを推進し、社員と企業が持続的に成長するため、20227月より新たな人事制度を導入します。

New_personnel_2204.png

■背景と目的
当社は中期経営計画2023において「EX(従業員体験)の創造」を重点テーマの一つとし、事業活動における重要課題として「多様な人財がやりがいを持って働ける職場づくり」を掲げております。人的資本の充実は当社の持続的な成長に不可欠であり、これまでES調査や1on1ミーティング、人財育成プログラムの導入などに取り組んでまいりましたが、今般、さらに人財の質を高め、多様な人財が安心していきいきと働く環境を提供することを目的とし、人事制度の全面的な見直しを行うこととしました。

新たな人事制度では、社員が輝く人事制度 "Shine(シャイン)"をコンセプトとし、従業員が持つ多様な価値をより適切に処遇するため、従来、総合職と地域限定職に分かれていた職種を一本化するほか、年齢・社歴・職種にかかわらず、役割に合致した人財が評価される透明性のある制度に再構築します。


■新人事制度における主な改定点

1,【職種】働く場所によらないキャリアの発揮を推進
総合職と地域限定職に分かれていた職種を一本化し、処遇とキャリアパスを統一します。これにより、勤務地の区分によらず社員がより幅広く活躍できる環境を整えます。

2,【等級】役職にとらわれず、一人ひとりが価値を発揮できる風土づくり
役職と等級を分離することで、社員がより専門性を高めることを促し、またそれを評価する制度とします。これにより、これまで以上に一人ひとりが能力を生かし、価値を発揮できる環境を整えます。

3,【評価】倫理観や人間力を備えた人財育成
専門性の評価に加え、「思考特性・価値観」を評価項目に取り入れます。当社ではすでに倫理観や人間力を重視した人事施策を取り入れておりますが、これを評価項目として明確化し、高い倫理観や人間力を持つ人財育成を進めてまいります。

当社は、今後も人財の質の成長に取り組み、社員と会社の持続的な成長を目指してまいります。

以上

【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】
1987年設立のBPO(Business Process Outsourcing)サービス会社です。全国30ヶ所以上にオペレーションセンターを配置し、グループ全体で3万人を超えるスタッフがコンタクトセンター、バックオフィスなどの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証プライム市場(証券コード:4708)。
https://www.relia-group.com/

【問い合わせ先】
コーポレート・コミュニケーション部
岩本、坂井
03-5351-7200(代表)

詳細版PDFファイルはこちら (477.5 KB)