りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

ニュースリリース

  • HOME
  • ニュースリリース
  • りらいあコミュニケーションズ、紙文書をデータ化し、文書管理を支援する 「りらいあ ペーパーレスソリューション」を提供開始

PRINT

2022年02月08日

りらいあコミュニケーションズ、紙文書をデータ化し、文書管理を支援する 「りらいあ ペーパーレスソリューション」を提供開始

りらいあコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 網野孝、以下、当社)は、大量の紙文書をデータ化し、文書管理を支援する「りらいあ ペーパーレスソリューション」を提供開始いたしました。

paperless_top.png

■開発の背景
コロナ禍の影響でDX推進の機運が高まる中、さらに2022年1月の改正電子帳簿保存法の施行に伴い、ペーパーレス化は喫緊の課題となっています。一方で、「すぐには紙申請をなくせない」「紙文書が大量でデータ化しきれない」「保存方法がバラバラで管理が煩雑」というケースが発生しているのが実情です。このような背景を受け、ペーパーレス化を実現し、業務プロセスを効率化する「りらいあ ペーパーレスソリューション」をリリースしました。

■「りらいあ ペーパーレスソリューション」の概要
申請書類や公文書などの紙文書を、スキャニングしデータ化するサービスです。データ化された紙文書の検索性を高めるため、スキャニング時に文書を定義・分類するインデックス作成、タグ付け作業まで行います。お客様企業の既存システムやクラウドサービスへ登録いただくことで、担当者が必要かつ適切な情報にスピーディーにアクセスできるようになり、業務の効率化とコア業務への集中を実現します。

▼「りらいあ ペーパーレスソリューション」全体像

paperless_DX_pic1.png


■「りらいあ ペーパーレスソリューション」の特長

①一気通貫で短納期・大量処理
紙文書の書類書式やサイズを問わず、スキャニングからデータの整理・納品まで一気通貫で行います。当社では、日本国内の事務処理センターに高速処理スキャナーを配備しており、AI-OCR1RPA2といったデジタルツールを活用し、短納期・大量処理を実現します。
※1:Artificial Intelligence-Optical Character Readerの略。AI技術を活用したOCRの仕組みやサービス。
※2:Robotic Process Automationの略。ロボットによる業務自動化。

②文書の破棄・保管も可能
スキャニングするために預かった紙文書は、十分なセキュリティー対策の上、当社を通じ破棄、保管が可能です。オフィスや倉庫内のかさばる保管スペースを減らし、保存期間が異なる紙文書を適切に管理できます。

③既存の紙文書も新規申請もデータ化運用支援
既存の紙文書のデータ化だけでなく、紙や電子による新規申請も管理可能です。お客様の用途に合わせた柔軟なご提案が可能です。業務効率化はもちろん、内部統制の強化も図れます。


サービス詳細はこちら

今後も、ペーパーレス化をはじめ、ニーズに適したソリューションを提供することで、お客様企業のビジネス変革をサポートしてまいります。

以上

【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】
1987年設立のBPOBusiness Process Outsourcing)サービス会社です。全国30ヶ所以上にオペレーションセンターを配置し、グループ全体で3万人を超えるスタッフがコンタクトセンター、バックオフィスなどの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証1部上場(証券コード:4708)。
https://www.relia-group.com/


【問い合わせ先】
コーポレート・コミュニケーション部
岩本、坂井
03-5351-7200(代表)

詳細版PDFファイルはこちら (809.7 KB)