りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

ニュースリリース

  • HOME
  • ニュースリリース
  • りらいあコミュニケーションズ、オンラインセミナー 「Relia Success⁺ 2021 ~現場経験者が語る、成果を上げる インサイドセールスのマネジメント極意!~」を開催しました

PRINT

2021年12月24日

りらいあコミュニケーションズ、オンラインセミナー 「Relia Success⁺ 2021 ~現場経験者が語る、成果を上げる インサイドセールスのマネジメント極意!~」を開催しました

りらいあコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 網野 孝、以下、当社)は、オンラインセミナー「Relia Success⁺ 2021 ~現場経験者が語る、成果を上げるインサイドセールスのマネジメント極意!~」を開催しました。

働き方改革、DX推進の動きが活発化し、デジタル時代の新たなBtoB営業手法として「インサイドセールス」が注目されています。一方で、ノウハウや人材不足で「対面営業での勝ちパターンが通じず売上につながらない」「SFA(営業管理ツール)やMA(マーケティング自動化ツール)を導入したが活用しきれていない」といった課題が多いのも事実です。確実に成果を出すには、ツールの導入だけではなく、プロセスの体系化やセールス人材の育成が重要です。


本セミナーでは、インサイドセールス業務10年以上の実績を持つ当社が、事例を交えながら3つの成功のヒントをお伝えしました。

GC_Webinar_report.jpg


1つ目に、営業活動を顧客のステージごとに管理し、分析や改善を行う「パイプライン管理」について、事例を用いて紹介しました。商談化までのCVR(コンバージョン率)から課題を見極め、定量データから勝ちパターンを導き出し、成果を上げた事例です。数字の可視化こそが有効な改善策を導くことを示し、勘や経験に頼らない組織運営が可能になると語りました。


2つ目に、「育成コンテンツの強化」について説明しました。当社では、独自の育成カリキュラムを用いた研修と、経験豊富なメンバーによる社内コンサルティングチームの支援により、年間KPI達成に向けた業務改善をし続け、案件の売上向上に繋げています。具体的な運用方法を紹介し、業務の標準化が成果を生み出す組織を作るとメッセージしました。

3つ目に、「分析から考察する営業力の強化」について語りました。属人化しがちな商談管理を、当社が開発したSFAツール「STARMAN」を用いて定量化することで、属性ごとのニーズや各属性の最適なシナリオが、自動的に導き出せるようになりました。顧客の購買行動が激変する中で、営業こそデータを活用するサイエンティストであるべきだと締めくくりました。

本セミナーの詳細は、こちらをご覧ください。

当社では、今後も社会や顧客のニーズの変化を捉え、豊富な実績とノウハウを生かして、お客様企業の事業成長を支援してまいります。

以上

【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】
1987年設立のBPOBusiness Process Outsourcing)サービス会社です。全国30ヶ所以上にオペレーションセンターを配置し、グループ全体で3万人を超えるスタッフがコンタクトセンター、バックオフィスなどの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証1部上場(証券コード:4708)。
https://www.relia-group.com/

【問い合わせ先】
コーポレート・コミュニケーション部
岩本、坂井
03-5351-7200(代表)

詳細版PDFファイルはこちら (823.5 KB)