りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

ニュースリリース

  • HOME
  • ニュースリリース
  • Inspiro、スティービー賞のアジア・パシフィック賞部門で受賞。カスタマーサービス管理、企画・実行におけるイノベーションのカテゴリにおいてゴールドスティービー受賞者に選出

PRINT

2021年06月10日

Inspiro、スティービー賞のアジア・パシフィック賞部門で受賞。カスタマーサービス管理、企画・実行におけるイノベーションのカテゴリにおいてゴールドスティービー受賞者に選出

りらいあグループで、北米向けコンタクトセンターサービスを提供するInspiro Relia,Inc.(本社フィリピン・マカティ市。以下、Inspiro)は、2021513日、スティービー賞のアジア・パシフィック賞部門のカスタマーサービス管理、企画・実行におけるイノベーションのカテゴリおいて、ゴールドスティービー賞を受賞しました。

20210610_Inspiro.png

ギリシャ語で「栄冠を抱く」を意味する「Stevie(スティービー)」を冠したスティービー賞は、積極的に社会貢献している世界中の企業・団体や働くプロフェッショナルの業績を評価する世界規模のアワードです。

スティービー賞は8つの部門で構成されており、この度Inspiroはアジア・太平洋地域29ヶ国におけるイノベーションへの取組みを表彰するアジア・パシフィック賞部門でゴールドスティービー賞を受賞しました。Inspiroにおける今年度のスティービー賞の受賞は、5月5日のアメリカン・ビジネス賞部門に続き2タイトル目となります。

ゴールド、シルバー、ブロンズスティービーの各受賞者は、全世界のグローバル企業の幹部100名以上の審査員により選出されました。授賞式は、714日にバーチャルライブ形式で開催される予定です。

Inspiroは新型コロナウィルスの感染拡大によるロックダウンという厳しい制限下においても、従業員の安全を確保しながら、事業継続へ果敢に取り組んできました。数千名規模に及ぶ在宅オペレーション体制の確立を迅速に進め、オンサイトでの勤務と並行したハイブリッド型のオペレーションモデルを構築し、定着化しています。また、今回の取り組みは、今も続くコロナ禍だけではなく今後起こり得る未曽有の事態にも備えたものです。災害や障害に対する耐性や事業継続を通じ、お客様企業のCX向上に貢献したことが高く評価され、今回の受賞に至りました。

本受賞に対して、Inspiro社長兼CEO濱本雄二は、「この度の受賞は、これまでお客様企業やそのお客様に一貫して評価されてきた従業員のイノベーションに対するたゆまぬ努力の証です。去年は大変な1年でしたが、お客様企業やそのお客様と共に乗り越え、目標を達成した事を誇りに思います。これからもニューノーマルにおける新たな挑戦に取り組んで参ります。」とコメントしています。

アジア・パシフィック賞の詳細、および2021年度の受賞者のリストはこちらよりご覧ください。
アジア・パシフィック賞の詳細:https://asia.stevieawards.com/
2021年度の受賞者リスト:https://asia.stevieawards.com/2021-stevie-winners

Inspiroは、グローバル顧客管理における先駆的企業であり、現在は北米、中南米、オーストラリア、およびアジア太平洋地域に14ヶ所の戦略拠点を設置し、12,000名のスタッフを有しています。お客様企業はメディア、ホスピタリティ業界、通信、金融、公共サービス、ヘルスケア、およびeコマースを含む小売業など多岐に亘り、世界有数の企業様から高い評価を受けています。

Inspiroならびにりらいあグループは、ヒューマンスキルとテクノロジーを融合し、多言語やオムニチャネルの提供を通じて、今後も素晴らしい顧客体験の創出に努めてまいります。

以上


【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】
1987年設立のBPO(Business Process Outsourcing)サービス会社です。全国30ヶ所以上にオペレーションセンターを配置し、グループ全体で3万人を超えるスタッフがコンタクトセンター、バックオフィスなどの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証1部上場(証券コード:4708)。
https://www.relia-group.com/

【問合せ先】
コーポレート・コミュニケーション部
岩本、坂井
03-5351-7200(代表)

詳細版PDFファイルはこちら (780.2 KB)