りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

サステナビリティ

PRINT

地域社会への貢献

考え方

当社は、事業を通じ世界中の人々にコミュニケーションを提供することに加え、コミュニティの一員として主体的に社会にかかわり貢献することも、企業の重要な使命と捉えています。企業がコミュニティの活性化や課題の解決に積極的に参画することで企業市民としての責務を果たすだけではなく、企業活動にも有益であり、より良い事業環境や持続的に成長する市場を生み出すことにつながると考えています。

具体的な取り組み

地域雇用の創出

(当社拠点一覧)

当社では全国30ヵ所以上のオペレーションセンターで、約2万人の従業員がコンタクトセンターやバックオフィスなどの顧客接点周辺のBPO業務に従事しています。
人財の採用に際しては、当社採用センター(ジョブポケット)を地方大都市に開設している他、各地域での採用イベントにも積極的に参画し、全国の支社支店を通じて、地域に密着した採用活動を推進しています。また、オペレーター一人ひとりのキャリアプランやライフスタイルに合わせ業務を行うことで、仕事とプライベートの充実を図っています。

社会貢献活動(CSR活動)

地域社会に根差した活動

当社は、1987年の創業以来、大阪、名古屋、福岡、広島、仙台、札幌、沖縄と全国に拠点を拡大、地域に根差した企業活動を行い、地域コミュニティと円滑な関係を築いています。各地のイベントなどに数多く参加している他、本社のある東京ではFC東京のクラブスポンサー(Jリーグ)、支社を置く沖縄では琉球ゴールデンキングス(Bリーグ)のオフィシャルパートナーを務めており、地域の活性化に貢献しています。
また、社会活動の一環として、各地の大学をはじめとする教育機関での講義や中学生の職業体験の受け入れを積極的に行っています。学生の方々に仕事について考えたり、自身の将来を描く機会を提供するキャリア教育支援を行っています。

(実業団対抗駅伝大会(大阪))
(大学での講義の様子)

働きやすい職場環境の整備(ファミリーデーの開催)

(ファミリーデーの様子)

本社および各支社で、従業員の子どもたちや家族をオフィスに招いて交流する「ファミリーデー」を開催しています。従業員の支えとなっている大切な家族の存在を認識し、従業員同士が働きやすい環境の実現を意識する機会としている他、将来社会に出て働く子どもたちには名刺交換や業務体験を通じて社会の一端を垣間見る機会を提供しています。

環境美化・保護活動

2015年11月には札幌市と道路アダプト制度に基づく道路環境美化活動の覚書を締結し、2015年12月より札幌地区にある当社センター地域内で3ヶ月に1度の道路清掃を行っています。
また、北海道や関西にて植栽体験活動「森をつくろう!」を実施しています。自然保護活動を通じ、りらいあグループ社員と家族の交流を図るイベントとなっており、自然の中での共同作業を進めることでグループ内の一体感を醸成する良い機会となっています。

(「森をつくろう!」参加によるりらいあグループ社員と家族の交流)
(道路環境美化活動の様子)

海外での取り組み

フィリピンを拠点に展開する当社グループ会社のInspiro Relia, Inc.では、関連会社、お客様企業とともに、コンタクトセンター拠点でCSRプログラムを実施しています。このプログラムでは清掃活動、リハビリ学校での本の読み聞かせ等の活動を通じ、世界で56,000人以上の子どもたちに支援を行っています。

(Inspiro ReliaによるCSRプログラムの様子①)
(Inspiro ReliaによるCSRプログラムの様子②)