りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

会社情報

PRINT

りらいあグループ コンプライアンス基準

りらいあグループの使命は、会社の成長を通じて社会の発展に貢献することです。人と社会をつなぐインフラ企業としての社会的使命および社会的責任を常に認識し、法令等のルールや社会規範および企業倫理に則った適正な企業活動を通じて、社会から信頼される企業グループを目指します。
「りらいあグループ コンプライアンス基準」は、当社およびグループ会社全ての役職員に適用される指針です。対象職種別に作成し、出向社員・嘱託、受入派遣社員及び受入れ業務委託先社員にも準用されます。また、携帯可能なカードとして全役職員へ配布し、社内研修など様々な取り組みを通じ、社員一人ひとりのコンプライアンス意識の向上を図っております。

  • 正社員および契約社員向け
  • オペレーター向け
  • りらいあグループ コンプライアンス基準
    (オペレーター向け)

    総則

    1. 法規範及び各種ガイドラインの遵守

    • りらいあグループの一員として、法令、就業規則及び各種マニュアル・ガイドライン等を遵守して、良識と責任をもって行動する。

    2. 適正な業務活動

    • 日々の業務に誠実に向き合い、適正に実施する。
    • エンドユーザーである消費者に対する説明は、必要な情報を誠実かつ正確に行い、不実告知や重要事実の不告知等、法令上及び倫理上問題のある対応は行わない。
    • お客様企業及び当社に対する報告等について、その態様に関わらず正確に行い、虚偽報告等の不適切な行為を行わない。

    社会との関係

    3. 高い企業倫理の保持・人権の尊重

    • 国際社会の一員としての自覚を持ち、社会人としての良識と責任、高い倫理観をもって行動する。
    • 人権を尊重し、人種、信条、性別、社会的身分、宗教、国籍、年齢、心身の障害等に基づく差別をしない。

    4. 反社会的勢力への対応

    • 暴力団等の反社会的勢力及び反社会的勢力と関係ある者とは、一切関わらない。

    取引先・競争会社との関係

    5. 社内規則・お客様企業における各種業法等の遵守

    • 当社就業規則は勿論のこと、お客様企業が遵守すべき各種法令(特定商取引法等)及びこれらを補完する通達・ガイドライン等やお客様企業及び当社ルール並びに業務遂行上取り決められた手順を遵守して業務に従事する。
    • 当社内やお客様企業内(勤務場所)では、服装や身嗜み(ドレスコード)に留意して業務に従事する。

    6. 不正競争防止法の遵守

    • いかなる理由があっても、窃盗等不正な手段により当社及び他社の営業秘密を取得・使用しない。

    7. 贈答・接待

    • お客様企業社員との飲食などを伴う交流では、当社内の出来事や他のお客様企業名などの守秘義務に抵触する話はしない。又、交流は節度を持って行う。

    株主・投資家との関係

    8. インサイダー取引の禁止

    • 業務上知り得た当社及びお客様企業情報(合併や事業譲渡、 新商品・新技術の開発やリコールに関する情報等)を利用して、その株式等の売買(インサイダー取引)は行わない。又、当社の株式等の売買については、『インサイダー取引防止規程』に従う。

    社員との関係

    9. 人権尊重・差別禁止等

    • 業務に従事する者すべて互いに相手を尊重し合いダイバーシティ推進に努め、出生、国籍、人種、民族、信条、宗教、性別、年齢、各種障害、趣味、学歴等に基づく非合理なあらゆる差別を行わない。

    10. ハラスメント

    • 性的な嫌がらせ、又は他人に性的な嫌がらせと誤解されるおそれのある行為や相手に不快感を与える性的な言動や行為は、これを一切行わないとともに、他人がこれを行わないよう防止する。
    • 妊娠・出産・育児・介護を理由に相手に対して不利益な取り扱い、嫌がらせを行わない。
    • 職権等のパワーを背景にして、本来の業務の範疇を超えて、継続的に人格と人間性を否定するような言動や行動を行わない。
    • 性的指向や性自認に関連して、差別的な言動や嘲笑、いじめや暴力などの精神的・肉体的な嫌がらせを行わない。
    • 公序良俗に反する行為等により、職場の健全な風紀、環境、秩序を乱さない。

    11. 個人情報の保護

    • 業務上知り得た社員の個人情報については業務目的以外の目的で使用しない。又、個人情報を業務目的以外の目的で持ち出さない。
      尚、個人情報が漏洩しないように厳重に保管する。

    会社・会社財産との関係

    12. 利益相反行為及び公私のけじめ

    • 会社のPC、コピー、FAX、電話並びに文具類等会社の備品は業務にのみ使用し、私用での使用は一切行わない。

    13. 機密管理

    • 当社の機密情報(オペレーションに関する情報、お客様企業に関する情報、会議資料等)及び個人情報は各種法令・ガイドライン及び社内規定(プライバシーポリシー等)に従って取扱い、漏洩、盗難、紛失、改ざん等が発生しないよう、十分な安全管理を行う。又、業務以外の目的のために、これら情報を使用しない。
    • 取引先企業、第三者から開示を受けた機密情報及び個人情報も同様に厳重に取扱う。
    • 当社やお客様企業の社屋内(通路、エレベータ、トイレ等)といえども、勤務場所(ブース等)以外では業務内容の会話は行わない。
    • ブログ、掲示板などのインターネット上に、業務上知り得た情報並びに勤務場所(ブース等)での出来事について書き込みなど行わない。
    • 勤務場所(ブース等)内に、私用のPC、スマホ等の端末機器類並びにDVD、CD、USBメモリー等のメディア類は持ち込まない。

    14. 情報システム

    • 業務で使用するIDやパスワードは厳重に管理し、第三者へ貸与しないこと勿論のこと、漏洩の防止に努める。
    • 他人のIDやパスワードを借用、盗用したり、他人のコンピューターシステムに侵入する等、不正アクセスを行わない。

    15. 知的財産権の保護

    • 業務上知り得た当社、他社及び第三者の知的財産を侵害する行為( コンピュータソフトウェアの無断コピー等)をしない。

    報告、調査及び処分

    16. 報告・相談

    • 役職員が各種法令、各種ガイドライン、及びこの基準に違反する行為を発見したときは、「内部通報・相談連絡先」に報告・相談する。

    17. 事実確認調査

    • 違反行為があった場合において、違反の有無に関する事実調査に協力する。

    18. 処分

    • 事実確認調査により、違反行為が明らかとなった場合、違反者は、就業規則などに基づく懲戒処分を受けることがある。

    19. 報告相談者の保護

    • 取締役会及びコンプライアンス委員会は、違反行為に関する報告を行った社員や事実調査に協力した社員が不利な扱いを受けないよう最善の注意を払う。
  • 正社員および契約社員向け
  • オペレーター向け